人材情報を活用し、ドラッグ&ドロップ操作で簡単最適配置

人材の最適配置/組織診断

タレントパレットなら、
こんな課題を解決します
担当者
課題
課題解決のための
3つのポイント
  • 1
    ドラック&ドロップ操作で
    異動の影響度を分析
    ドラック&ドロップ操作で異動の影響度を分析
    人事異動による人件費や売上見込み、人員構成の影響度をドラッグ&ドロップ操作で異動シミュレーション
  • 2
    人材育成のための戦略的ローテーションや人材抜擢
    人材育成のための戦略的ローテーションや人材抜擢
    異動前後の組織の構成人数、滞留期間や保有スキルなど、異動軸となるデータを基に人材抜擢を実現。社員の成長をモニタリングが可能
  • 3
    組織分析/組織診断で組織の現状を見える化
    組織分析/組織診断で組織の現状を見える化
    組織構成や社員の分布だけでなく労務チェック分析や女性活躍分析により組織の状態を見える化。組織図のチェックにも対応
ドラック&ドロップ操作で異動の影響度を分析 最適配置
実現のポイント1
ドラック&ドロップ操作で異動の影響度を分析
異動シミュレーションで部門を超えた人材の最適配置を実現
社員の顔と名前、人事異動の意思決定に必要になるキャリア(経験)やスキル、組織への滞留期間を一覧で見ながら、人材配置のシミレーションをすることが可能です。
社員のアイコンをドラッグ&ドロップで異動させる直感的な操作で、異動によるキャリアやスキルの偏りといった影響度をしることができ最適な人事異動を実現できます。
多拠点へ配属や、プロジェクトメンバを自由自在に人材配置
属性改正シミュレーション
属性改正シミュレーションでは、多店舗展開するサービス業や、プロジェクト単位で業務を行うコンサルティング会社の人材配置を自由自在に実現できます。社員の属性(店長・プロジェクトマネージャー等)別に色をつけ、各チームの必要な人材の抜けもれを防止します。
また、多数の拠点を持つ企業向けの新機能として社員の住所データから対象拠点までのルートを自動計算する「拠点マップ機能」により、転居を伴う転勤を極力減らしながら、異動に最適な人材のマッチングができます。
最適配置
実現のポイント2
人材育成のための戦略的ローテーションや人材抜擢
人材育成のための戦略的なローテーション人事も
滞留期間をもとに異動対象者を判断
新規事業のための人材抜擢をシミュレーション
新規事業推進部を仮想でつくり、スキルの高い人材を抜擢。その影響度をシュミレーション 社員の相性を知る(相性分析) NEW 蓄積した社員データから相性を表示 人間関係の履歴 過去の所属組織 共通属性(出身校など)
活用シーン
  • 組織分析(人員構成、スキル分布)をもとにした事業部目線の最適配置
  • 若手人材の戦力化を狙いとした人材育成目線の最適配置
  • 新規事業や新店舗に伴い、社員の新たな可能性を導く配置転換
人材のスキル成長レベルをモニタリングする
人材育成や後継者育成のために、期待人材マップ(業績・能力)やスキルレベルを比較し、成長度合いをモニタリングすることができます。これにより、社員のスキルや評価などを把握し、人材の抜擢、最適配置に活用します。
最適配置
実現のポイント3
組織分析/組織診断
組織の現状を把握する「組織分析」
組織統計や社員属性別の分布を事業組織や店舗頃に集計し、人材のばらつきを把握。
より戦略的な人材配置を行い、組織力強化につなげます。
働き方改革法に則った就業がさなれているか確認する「労務チェック分析」
長時間労働が行われていないか、働き方改革法に則った基準で、月(年)における長時間残業社員や対象社員の残業回数をワンクリックで表示。いまの組織の状態を把握し、改善への意思決定にご活用いただけます。
女性の活躍度を見える化する「女性活躍分析」
女性活躍分析では、「女性活躍推進法」で定められた基準と自社のデータを重ね合わせ、スコア化。女性の働き方、採用状況、定着率や管理職の構成比など基礎的な指標を把握・見える化することができます。
組織マップ分析
タレントパレットは、入力された組織情報を元に自動的に組織図を生成することができます。
任意の社員のアイコンや名前を表示するなど柔軟な組織図の作成が可能です。
また、カレンダー機能により過去の組織図を呼び出すこともできます。

人材の最適配置を実現する
主な機能

  • グループ各社の人材の階級やスキルを見える化
  • グループ内の人材分布や人員構成を見える化
  • グループ内で異なる役職・等級を統一、共通軸で分析)
  • グループの将来を見据えた人材配置と後継者育成
  • グループ間で人事異動を行い影響度を分析
  • グループ内で人材抜擢やシナジーの創出