タレントマネジメントで解決が見込める企業の課題とは?導入時の課題や5つの対策も解説


タレントマネジメントで解決が見込める企業の課題とは?導入時の課題や5つの対策も解説

「タレントマネジメント」とは、人事情報のひとつとして、社内の人材が持つ能力を細かく把握し、自社の採用活動をスムーズにしたり、企業目標の達成を近づけたりする方法です。この記事では、企業の人事担当者向けに、タレントマネジメント導入はどのような課題に有効か、また導入の際の課題および対策について解説します。ぜひ参考にしてください。

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントでいう「タレント」とは、スキル、保有する資格などを含めた社員の能力を指します。タレントマネジメントとは、タレントを発掘しパフォーマンスを最大化するための戦略的取り組みのことです。

タレントマネジメントの目的

タレントマネジメントの目的は、経営目標を実現するための人材育成や、人材を適材適所に配置することにあります。これによって、人事戦略の視点から企業の経営目標や利益の向上を実現するものです。

タレントマネジメントのメリット

タレントマネジメントのメリットとして、まず自社に合った適切な人材を確保できることが挙げられます。さらに既存の人材を分析することで人材育成にもつながるため、経費の削減や利潤の増加が見込めます。

タレントマネジメント導入で解決が見込める企業の課題

企業が抱えている課題のなかで、タレントマネジメントを導入することによって、解決が見込めるものもあります。以下にその課題を紹介します。

慢性的な人材不足である

少子高齢化によって、慢性的な人材不足に悩む企業が増えています。タレントマネジメントを活用すれば、今ある人材を最大限利用できるようになるため、人材不足の課題は解決する可能性が高まります。

離職率が高い

社員が「この企業では自分の能力を最大限発揮できない」という思いを抱くと、離職につながります。実際に現在の職場に見切りをつけて転職を選ぶ人は後を絶ちません。

離職を防ぐためには、社員のエンゲージメントを高めることが重要だといわれています。エンゲージメントとは、企業と社員との信頼関係が築かれている状態を指します。タレントマネジメントを利用し、適材適所の人材配置を行うことで、社員のエンゲージメントが向上すれば、離職率が改善するだけではなく、仕事へのモチベーションや生産性もアップするでしょう。

リーダー候補が見つからない

企業の中枢を担うリーダー候補が見つからないのは、どのような人をリーダーにしたらいいのかという判断のための情報が、まとまっていないためかもしれません。タレントマネジメントを使えば、リーダー候補を育成したり、既にある人材で適切な人物を選抜したりできるようになります。

国内外に拠点があり人材が把握しにくい

拠点が多く、海外にも及ぶと、すべての人材を把握するのは難しくなります。国を超えた異動があるようなら、社内の人材管理を行っておくのも企業の大切な事業のひとつでしょう。タレントマネジメントを導入すれば一元管理が可能になり、異動にも即時対応できるのがメリットです。

新規事業が多く適切な人材を探すのが難しい

新規事業には、スキルや精神面のタフさなど、条件の揃った人材が必要になります。そのような新規事業が多ければ多いほど、選定に時間がかかったり、それでも見つからず外部に依存したりすることも多いでしょう。

タレントマネジメントを活用できれば、社内の人材からスムーズに選定できます。また今いる社員のなかから適性のある人を育てることもできるのです。

タレントマネジメントを導入する上での課題

タレントマネジメントを導入するにあたっては、どのような課題があるのでしょうか。課題を解決するための対策についても説明します。

人材情報が把握できていない

タレントマネジメントを導入するにあたり、まず企業側で社員のスキル、経験などに加え、本人の意向などが、しっかりと把握できていないという課題があります。把握している情報が不十分だとタレントマネジメントは機能しないため、導入する場合は社員に対する十分なヒアリングなどが必要になります。

長期的な見通しができていない

タレントマネジメントは、運用すればすぐに成果が得られるわけではありません。導入の成果を上げるためには、経営戦略に基づいた長期的な人事戦略が必要です。導入したら結果が出る、と思い込むのではなく、経営戦略を見据え、継続的に運用することを想定して、長期的な見通しを持ちましょう。

社内の理解が得られない

タレントマネジメントを導入するためには、既存のフローを変更しなければなりません。そのため、社内の理解が得られていないと、これらの変化は混乱や不満の原因になってしまいます。本末転倒の結末にならないよう、社内での理解を得るための働きかけを行うことも大切です。

導入に関する業務が多すぎる

タレントマネジメント導入に関しての業務が増えることで、人事における既存の業務を圧迫してしまうことも、タレントマネジメント導入時の課題のひとつとなります。既存の業務に導入関連の業務が重なり、社員が疲労困憊しないよう、業務負荷の少ない方法で導入することが重要です。

タレントマネジメント導入の課題を解決する5つの対策

上述したようなタレントマネジメント導入に伴う課題を解決するには、どのようにしたらよいのでしょうか。ここでは具体的な課題の解決方法を解説します。

目的を明確にする

タレントマネジメント導入は、人事だけではなく、企業全体に関わる取り組みです。そのため、導入すれば即時に結果が出るものではありません。社内全体で「長期的な視点」を持って、経営戦略に基づいた長期的な人事戦略を継続するという、タレントマネジメント導入の目的を明確にしておくことが大切です。

社内全体で必要性を共有する

導入にあたって社内でセミナーを開催するなど、タレントマネジメントについての理解を得る機会を設けることをおすすめします。タレントマネジメント導入の必要性やメリットを、社員全体に周知することで理解が深まります。また社内の空気も同じ目標に向かって動き出す、よいものとなるでしょう。

社員の情報を一元管理する

社員のスキルや経歴など、バラバラに保存されているデータをまとめて一元管理をすることで、社員の情報が把握しやすく、作業の効率がよくなります。また社員のデータは常に怠らずアップデートすれば、タレントマネジメント導入に伴う負荷はずっと軽くなります。

育成は定期的にモニタリングする

人材情報をしっかりと把握するためには、定期的なモニタリングが必要です。個々との面談を継続的に行い、状況や希望などをヒアリングすることで、コミュニケーションが円滑になるでしょう。またアンケートを実施することで社内の声を把握でき、育成に活かすこともできます。

PDCAを回し継続する

タレントマネジメントにおけるPDCAとは、まず採用や育成の計画、次に実際の採用や配置、さらに人材評価やレビュー、最終的に評価に応じて異動や能力開発を行い、次の採用や育成の計画に活かします。

このPDCAを繰り返すことで、修正しながらの継続や、盤石なタレントマネジメントの運用ができるのです。

高まる「タレントマネジメントシステム」導入の必要性

タレントマネジメントを効率的に行うため、近年ではタレントマネジメントシステム導入の必要性が高まってきています。ここでは、タレントマネジメントシステムのメリットや選び方について紹介します。

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントシステムとは、膨大なデータの一元管理が容易にできるシステムです。主な機能としては、社員それぞれが持つスキル・経験・資格・性格など、個人情報も含めて社員に関する情報を管理・分類するなどがあります。全社員、幹部候補のみなど、フィルタをかけて絞れるので、適切な人材を探したり、欲しい人材を育成したりするときも有効利用できます。

タレントマネジメントシステム導入のメリット

タレントマネジメントシステムの導入のメリットは、まず何よりも、タレントマネジメントに関する業務を適切に効率化できることです。データ検索をすることで、欲しい人材が社内のどこにいるかも一目瞭然なうえ、組織変更にも即時対応できます。

タレントマネジメントシステム導入のポイント

タレントマネジメントシステム導入のポイントは、目的を明確にすることです。タレントマネジメントシステムにはさまざまな商品があり、目的が明確に定まっていると、その目的に合わせたシステムを選びやすくなります。結果的に、企業のニーズに合った社員の採用や最適な配置など、低コストで効果の高い運用が可能です。

タレントマネジメントシステムの選び方

タレントマネジメントシステムは、まず自社の目的に合った機能を備えているかどうかで選びましょう。コストに見合っているかどうかも大切な選び方のポイントです。これらをふまえたうえで、使いやすいこと、セキュリティがしっかりしていることも重視しましょう。

まとめ

タレントマネジメントを運用するためには、自社にとって最適なタレントマネジメントシステムを導入することが欠かせません。
そこでおすすめしたいタレントマネジメントシステムが、「タレントパレット」です。

通常の人事システムが社員の「今」だけを管理していることに対し、タレントパレットは、「過去」社員がどこにいたのかもすべて記録、蓄積し、社員のタレント(能力)分析に役立てます。さまざまな評価形式に対応し、評価の高い人材、残業の少ない人材の抽出など、画面上で自動的にビジュアライズされたわかりやすいデータ分析を、即座に行うことができます。

評価の高い社員の特徴などを分析するTPI適性検査も利用は無料となっています。タレントパレットを提供する株式会社プラスアルファ・コンサルティングでは、サポートデスクやコンサルタントといった手厚いフォローの他、先進ユーザーの取り組みを紹介する「科学的人事フォーラム」も実施しています。

まずは、タレントマネジメントとその始め方がわかる、無料の資料を請求してみましょう。