リスキリングを分かりやすく解説!OJTやリカレントとの違いやメリット・事例も紹介


リスキリングを分かりやすく解説!OJTやリカレントとの違いやメリット・事例も紹介

リスキリングという言葉が注目を集めていますが、どのような意味なのかわからないという人もいるでしょう。これからの日本企業にはリスキリングが必要だとされており、しっかりと理解しておくことが重要です。この記事では、リスキリングとは何か、注目される理由やメリット、導入方法や導入事例などを解説します。ぜひ、参考にしてください。

リスキリングとは

リスキリングとは、英語では「Reskilling」と表します。日本語に翻訳すると、「再教育」や「新しい技能を身につけさせること」となります。ビジネスにおけるリスキリングとは、新しい職種に就く場合、もしくは今の職業で求められるスキルの変化に対応するために、企業が社員にスキルを獲得させることです。

リスキリングとOJTの違い

リスキリングと混同しがちな言葉として、OJT(On-the-Job Training)があります。しかし、両者には大きな違いがあります。まず、OJTとは今現在ある仕事や業務を行うために必要なスキルを獲得することです。一方、リスキリングとは、今現在は存在しない仕事や社内で行える人がいない業務を行うためのスキルを獲得することを指します。

リスキリングでは、必要なスキルの洗い出しや現在のスキルとの差を把握するなどしなければいけないため、OJT以上の取り組みが必要になります。

リスキリングとリカレント教育との違い

リカレント教育と混同するケースもありますが、リカレント教育とは、就業→教育→就業というサイクルを繰り返すことです。社会人の学び直しとも呼ばれています。リスキリングの場合は企業が主導して行いますが、リカレント教育は個人が自分の意思で行うという違いもあります。

また、リカレント教育は職を離れて学ぶことが前提とされている点も大きな違いです。日本では、職を離れずに学ぶこともリカレント教育に含まれるケースがありますが、一般的には職を離れて学び直しをします。一方、リスキリングは就業しながらスキル習得を促します。

近年のリスキリング傾向

デジタル化に伴い新しく誕生する職業もあれば、IT化が進むことによって仕事の進め方が大幅に変わる職業に就くケースなどもあるでしょう。その場合には、その職業や仕事に適応できるようにスキル取得が必要です。これらのスキルを取得するために、リスキリングを行うケースが多いようです。

デジタル技術の進化によって業務のAI化・IT化が進んでいるため、ロボットに業務を任せるケースも増えています。その一方でプログラムの設計や社内システムの管理といった業務、システム管理に携わる社員の取りまとめなどのように、人の手で行われる業務もあります。

このように、従来はなかった業務が増えたり、業務内容の変革が起こったりしているため、これらの仕事に対応するためにリスキリングが必要です。

リスキリングが注目される理由

さまざまな企業でリスキリングが注目されています。ここでは、なぜリスキリングに注目が集まっているのかについて解説します。

DXの推進によりリスキリングが必要とされるから

DXとは「デジタルトランスフォーメーション」を略した言葉です。DXとはデジタル技術を活用して、ビジネスや価値創造のプロセスを変革することを指します。新しいデジタル技術を持った企業が市場に参入してきた場合、ビジネスモデルに変革が起こる可能性があります。変革に対応するためにスキルを持っておくべきと考えられ、リスキリングへの注目が高まっているようです。

すでに自動車産業や小売業では、新たなデジタル技術を持った企業の新規参入が起こっています。これにより、業界地図が塗り替えられるといった事例もあります。DXでは大規模な変革が起こるため、今後必要なくなるスキルを持った人が大量に余ってしまう、将来的に必要になるスキルを持つ人材の不足などが起こる可能性が高いでしょう。

コロナ禍により働き方が変わったから

新型コロナウイルス感染症の流行により、働き方に大きな変化が起きています。コロナ禍では、人との接触を少なくする必要があったため、テレワークやオンライン会議など非対面での対応が求められ、従来の働き方では対応できないシーンが増えました。コロナ禍を乗り越えるために新しいスキルが必要となり、リスキリングが注目を集めています。

さまざまな団体によりリスキリングが推進され始めたから
リスキリング推進が始まったことも、リスキリングに注目が集まっている大きな理由です。2020年の世界経済(ダボス)会議では、リスキリングの宣言が発表されました。リスキル宣言とは、2030年までに地球人口のうち10億人をリスキリングするという宣言です。

また、2020年11月には経団連から新成長戦略が発表されました。この中でも、リスキリングの重要性が取り上げられています。このように、さまざまな団体がリスキリングを推進しているため、多くの企業がリスキリングに注目し始めました。

リスキリングのメリット

リスキリングによって新しいスキルを習得できるため、社内で新しいアイデアの創出が起こりやすくなります。また、業務の効率化も期待できます。新しいスキルを活かしてDX化を進めれば、業務効率がアップし残業の削減につながるでしょう。また、ワークライフバランスもとりやすくなります。

将来新しいスキルを持つ人材が必要になった場合も、リスキリングを行えば採用コストの削減につながるというメリットもあります。

リスキリングを導入する方法

リスキリングとは、今現在はない業務や行える人材がいない業務に対するスキルの獲得を目指します。そのため、導入方法が難しいといわれるケースが多く、導入をためらっている企業も少なくありません。

デジタルスキルを習得する場合には、外部コンテンツやプラットフォーマーなどを活用するのがおすすめです。デジタルスキルの場合、社内か社外かなどに関係なく共通する部分が多く、外部コンテンツを活用しやすい分野だといえるでしょう。

また、「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」などを活用する方法もあります。この講座は、IT分野などの高度な専門技術を身につけ、キャリアアップを図るためのものです。外部コンテンツの活用で、効率化やコストカットなどにつながるケースもあります。

リスキリングの導入事例

リスキリングを実際に導入した企業は多くあります。以下では、リスキリングの導入事例を紹介します。

Amazon

Amazonでは、2025年までに社員1万人のリスキリングを行うと2019年7月に発表しました。リスキリングに対して、1人あたり75万円を投資するとも発表されており、大規模なリスキリングを行うことが計画されています。

Amazonでは、非技術系人材の技術職への移行、ITエンジニアの高度スキル習得などを目的としているようです。Amazonの取り組みは、企業の社員のリスキリングとしては最大規模となっており、リスキリングを重要視していることがわかります。

ウォルマート

ウォルマートでは、VRを活用した年間のレアイベントの疑似体験や災害対応などの疑似体験を積んでスキルアップを行っています。

2018年にはVR設備を約1万7,000台導入し、実践的なスキルを身につけるプログラムを展開しています。VR設備ではウォルマートのピックアップタワー操作をバーチャル上で学べるなど、小売りのDX化を目的としたリスキリングを実施していることが特徴です。VRでスキルを習得することで、経験したことのない状況でも即戦力になれると期待されています。

日立製作所

日立製作所では、国内グループ企業の全社員を対象にしたDXの基礎に関する教育を実施しています。また、2019年4月にはグループ会社として「日立アカデミー」を設立し、デジタル人材の育成を促進している点も特徴です。日立アカデミーでは、DX推進のための人材育成やDXのリテラシー研修などのプログラムが用意されています。

これらのプログラムは日立製作所の関係者以外も受講可能です。

三菱商事

三菱商事では、ITデジタル研修を新設しました。ITデジタル研修は、年次や年齢問わずに希望者であれば誰でも受講可能です。1,000人が受講しており、社員のリスキリングが進んでいることがわかります。

また、社内DXを定義して、座学だけでなく実際のDXプロジェクトへの参加なども行っています。知識のみではなく、実践的な内容も取り入れながらリスキリングを行っていることが特徴です。

日本企業におけるリスキリングの課題

リスキリングを行うには、スキルの可視化が必要です。たとえば、スキルマップの活用やスキルデータベースの作成などが必要となるでしょう。そのため、社内外のスキルデータを分析して今後必要になるスキルを把握し、リスキリングに反映させることが重要です。これらの取り組みを常時更新し続ける仕組みを構築する必要もあり、AIやITの活用が必要不可欠です。

また、デジタルスキルは学ぶだけでなく実務で使えるレベルにしなければいけません。外部コンテンツの利用や社内インターンシップ、受講した後の実務経験など、スキルを向上させる方法については検討が必要です。

リスキリングでスキルを習得しても実務で使わなければ意味がないため、実践できる機会を作りましょう。

まとめ

リスキリングとは、新しい業務などに対応するためのスキルを習得させることです。デジタル技術の進化により、リスキリングの重要性が高まっています。しかし、リスキリング導入を成功させるには深い知見やノウハウが必要となります。
タレントパレットは大手企業をはじめとして数多くの企業に導入されており、コンサルティングによるご支援の実績も豊富です。リスキリングの実践を検討している場合は、ぜひお問い合わせください。