人材マネジメントの重要性とは|フレームワークを作る際のポイント・事例も紹介


人材マネジメントの重要性とは|フレームワークを作る際のポイント・事例も紹介

人材マネジメントとは、人材を効果的に活用・管理することです。この記事では、人事に関して課題を抱える企業や課題を解決したい人事担当者に向けて、人材マネジメントの重要性・手段・方法について解説します。人材マネジメントを行っている企業例も紹介しているので、自社の人事に関する課題解決のために参考にしてください。

人材マネジメントとは、人材を効果的に活用・管理することです。この記事では、人事に関して課題を抱える企業や課題を解決したい人事担当者に向けて、人材マネジメントの重要性・手段・方法について解説します。人材マネジメントを行っている企業例も紹介しているので、自社の人事に関する課題解決のために参考にしてください。

人材マネジメントとは

人材マネジメントとは、企業が目標を達成するために人材を管理することです。人が各自に保有する能力を最大限に発揮できるようにし、高いパフォーマンスを得るための戦略とも言えます。自社のビジネスに対して効果的な働きができる社員を多く育てるために、適切な方法でアプローチする必要があります。

タレントマネジメントとは?意味と必要性、実践ステップを解説

人材マネジメントの重要性

人材マネジメントは、企業にとって重要な戦略の一つです。ここでは、人材マネジメントの重要性について解説します。

市場での競争力を高めるため

人材マネジメントを成功させることで、市場での競争力が高められます。特に人件費が高い国では、個人の生産性の向上が大きな課題となります。付加価値の高い商品やサービスを提供できる人材を育成することで、市場における優位性を維持向上できます。

人材を適正に評価するため

人材を適正に評価するためには、人材マネジメントが非常に重要となります。社員の能力・スキルを適正に見極め、ふさわしい仕事を与えることで、大きな成果が発揮できます。適切な評価を行うことで、社員自身のモチベーションが高まり、企業に貢献してくれる可能性が高まります。

優秀な人材の獲得・育成のため

人材マネジメントを活用することで、優秀な人材の獲得・育成が可能となります。自社の課題に応じて必要な人材像を描くことで、自社で必要な人材の獲得ができます。さまざまな場面で自社に適した的確な指導が可能になり、優秀な人材を多く育成につながります。

人材マネジメントを構成する要素

人材マネジメントを構成する要素について解説します。

人材の獲得・採用

自社の経営戦略を立て、自社に必要な人材の条件を明確にする必要があります。明確化された条件をもとに採用計画を立て、求める人材を確保につとめます。

人材の育成

自社に適した人材を確保するためには、適切な人材の育成方法を実践することが重要です。必要な人材の条件を意識しつつ、研修やセミナーなどで能力開発・指導を行いましょう。中長期的な目線を持ち、現時点だけでなく将来的にも活躍できる人材の育成のためには、自社のビジネスの展望もきちんと考慮する必要があります。

人材の配置・異動

人材のスキルや能力に応じた配置や異動を行うことが大切です。人材によって、スキルや能力には違いがあり、部署や職種によっても、必要なスキルや能力が異なります。適材適所を考慮して配置や異動を行えば、効果的な人材マネジメントが実現できます。

人材の評価

人材を適切にマネジメントするには、明確な基準による評価が必要です。一律の評価基準を設定し、明確な根拠を持って人材を評価できる体制を整えるとよいでしょう。人材の評価として、昇進・昇給の要件を明示すれば、社員のやる気をおこさせる効果も期待できます。

処遇や福利厚生

寮や社宅を用意する、各種手当を与えるなど、福利厚生を充実させることが大切です。処遇や福利厚生は社員にとって重要な要素となり、やる気に結びつきます。高いパフォーマンスを発揮してもらうために、働きぶりに見合った報酬や賃金など、魅力的な内容を示すことが重要です。

退職・休職

退職者や休職者の管理も非常に大切です。退職や休職については揉め事が起きないような体制の構築をする必要があります。きちんと管理体制を整えておけば、トラブルは回避できるため、事前にしっかり対策しておきましょう。

人材マネジメントを実現するメリットとは?

人材マネジメントを実現した場合、どのようなメリットがあるのかについて解説します。

企業を成長に導く

人材マネジメントが成功すれば、企業を成長に導くことが可能です。それぞれの人材がより高いパフォーマンスを発揮するようになると組織全体の力が高まり、企業の目標達成に対して適切なアプローチができます。組織全体の力を高めるには、組織を構成するそれぞれの人材の力を引き出すことが大切だといえます。

人材の成長を促す

人材マネジメントを行うことで、社員も研修やセミナーを通して企業の経営について学ぶ機会が増え、成長が促せます。社員が成長することで、企業の目標達成に向けて行動できるようになります。人材マネジメントにより、経営層と社員の相互理解が深まり、共通の視点を持った行動が可能となり、企業の成績向上につながります。

社員が自主的に行動するようになる

人材マネジメントを行うことで、社員が自主的に行動するようになります。自分自身のスキルや能力に合った仕事であれば、十分に発揮できます。企業の目標をきちんと理解していれば、自社にとって必要な行動を自主的に行うことで、自社のビジネスに大きく貢献できます。

人材マネジメントにおける日本と欧米の違い

日本と欧米の人材マネジメントにおける違いを解説します。

日本の人材マネジメントの特徴

日本では、正規雇用と非正規雇用によって報酬に大きな差があります。企業によっては、賃金や労働条件などに不公平が生じているケースも多いです。処遇や報酬を決定する基準は、個人のスキルや能力ではなく、勤続年数や年齢としている企業が多いのが現状です。中途採用も増えつつありますが、新卒採用した社員を安定的に雇用する風潮が残っています。

欧米の人材マネジメントの特徴

欧米では、労働の成果に応じて賃金が支払われます。雇用形態・年齢・性別・学歴などの条件に違いがあっても、労働の成果が同じ人に支払われる賃金は一律です。高い成果を出せばその分高い収入を得られます。新卒採用も行っていますが、中途採用も多いことが特徴といえます。

人材マネジメントのフレームワークを作る際のポイント

人材マネジメントを進めるうえでは、意識したいことがあります。ここでは、人材マネジメントのフレームワークを作る際のポイントを解説します。

企業ビジョンにあわせる

人材マネジメントの方向性は、企業のビジョンに合わせることが大切です。人材マネジメントの最終的な目的は、自社のビジネスを成功に導くことです。企業のビジョンを踏まえたうえで、それを達成するために必要な人材を洗い出します。企業のビジョンに合った方向性が決まっていれば、人材マネジメントの効果を最大限に発揮できます。

社員に目標を設定させる

社員に自ら目標を設定させることも大切です。自社のビジョンを正しく理解させたうえで目標を設定すれば、効果的に人材マネジメントを進められます。自ら立てた目標があれば、仕事に対するモチベーションも高まります。社員自身の成長に対する意欲を持たせることが重要です。

状況に応じてシステムや施策を変える

状況に応じて、活用するシステムや施策を変更する必要があります。人材マネジメントの課題は、時代や自社の状況によって異なります。いつまでも同じマネジメント方法を継承していては、十分な効果が得られなくなります。常に時代や自社の状況を考慮し、人材マネジメントの方法を随時更新しておきましょう。

人材マネジメントの企業事例

人材マネジメントは、実際にはどのように取り入れられているのでしょうか。ここでは、企業の事例を紹介します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社の事例

日本ヒューレット・パッカード株式会社では、企業理念である「HP Way」を全社員に発信し、世界共通の人事制度を構築しています。働き方に関するさまざまな内容が定められており、すべての社員が企業理念に即した働き方を実現しています。
社員が自分自身のスキルや能力を、最大限に発揮できる環境を提供していることが特徴です。社員自らはキャリアを築くことを求めることになり、それが可能な制度が導入されています。

楽天株式会社の事例

楽天株式会社では、社員を自社にとって適切な人材へ育てるため、自社に蓄積されたノウハウを学びながら成長できる仕組みが取り入れられています。成長した人材は世界各国のグループ企業へ配置され、グループ全体で高いスキルと能力を発揮できるようになっています。
報酬は成果をもとに決定されますが、成果だけではなく、成果に達するまでのプロセスや態度を重視している点も特徴です。

人材マネジメントが抱える今後の課題

人材マネジメントには、さまざまな課題があります。自社に貢献できる人材だけでなく、将来の経営を担う人材の育成も行なう必要があります。そのためには、若手や中間層の育成・登用のタイミングなどを考慮する必要があります。
経営層や人事担当者が人材マネジメントに力を入れるだけではなく、人材マネジメントを受ける社員のモチベーションを保つことも重要です。社員のモチベーションが低ければ、さまざまな取り組みを実施しても思ったような効果は得られない可能性があります。

人材マネジメントを実現するために必要な情報管理とは

最適な人材マネジメントのためには、人材に関する情報の管理をきちんと行う必要があります。人材情報をきちんと管理することで、生産性の向上や業務の効率化が期待できます。人材情報の一元管理を行うためには、システムの導入が有効であり、コスト・工数を割くこともなく、管理体制を整えられます。

まとめ

人材マネジメントを行うことで、社員を自社のビジネスに貢献できる人材へと成長させられます。自社の経営戦略に沿った人材マネジメントを行うためには、企業のビジョンに合った目標・施策を立て、必要な取り組みを着実に実施していく必要があります。
社員情報は一元的に管理することで、人材マネジメントを有効に行えます。タレントパレットの一元管理システムは、社員の基本情報を一目でチェックできます。人事情報を活用し、配置のシミュレーションを行うことにより、社員のパフォーマンスを最大化もできます。便利なシステムを活用しつつ、人材マネジメントを成功させましょう。